家を売る時に必要な書類とは

土地の境界

家を売る時に必要なもののコツ家売却にあたっては、価格の設定などが重要であることはもちろんですが
その前提として、さまざまな必要書類を準備しなければなりません。

もしも必要書類が欠けている状態であると、家売却そのものが
できないわけではありませんが、価格が大幅に安くなってしまうこともあるのです。

そうした家売却にあたっての必要書類としてまず挙げられるものとしては
土地測量図があります。

測量

家売却の場合であれば、家とセットとして敷地である土地のほうも
売却することになるのがふつうですが、土地の面積が正確に
割り出されていなければ、当然のこととして、売却価格も
妥当性を欠くものとならざるを得ません。

そのため、通常は専門の測量士によって土地の境界を座標として
出してもらった上で、その座標をもとに面積を計算し、図面として整理するのです。

 

また、家売却のもうひとつの必要書類としては、境界確認書も挙げられます。

土地測量図は正確な境界がわかっていなければ作成できないはずですが、
その前提となるのが境界確認書であるといえます。

これは、関係する地権者が現地に集まり、境界杭の位置などを
実際に確認した上で、合意ができた証拠として、その場で
署名捺印をしてもらった証拠書類ということになります。

図面に書かれている境界の座標がひとりよがりなものではないことを
証明するための重要書類になりますので、家売却の際にもあわせて
添付しておかなければならないというわけです。


新世界