家を売る時に必要な書類とは

必要書類

家を売る時に必要なもののコツ
家売却にあたっては、いくつもの必要書類をそろえなければなりませんので
準備はおこたらないようにしなければなりません。

そうしたなかでも、家売却の際の基本となる必要書類に
売主がたしかに本人であることを確認するための証明書類が挙げられます。

不動産会社に仲介、または売却を依頼するにあたって、まずは
運転免許証などの公的な身分証明書を提示することになります。

運転免許証

家売却のように多額の金銭が動くことになる状況下では、まったく権利を
もたない他人が所有者本人になりすまして手続きを進めてしまい、
売却代金だけを取得したまま行方がわからなくなってしまうということもあるはずです。

そのため、写真がついた公的な身分証明書というのは
本人確認をしっかりと行う意味で、第一の必要書類となってくるわけです。

名義

また、家売却をした後では、新しく買主となった人に、
登記上の名義を変更しなければならなくなります。

こうした手続きは、具体的には法務局に所有権移転登記を
申請することによって行いますが、その際の必要書類として
売主本人の印鑑登録証明書が挙げられます。

法務局においては、印鑑登録証明書に記載されている印影と、
売買契約書に押印されている印影を見比べて、本人に間違いがないことを
あらためて確認しますので、その際の証拠として必須となるのです。

また、もしも登記簿上の住所と、実際の住所が違っているなどした場合には
これに加えて、現在の住所がわかる住民票なども必要書類となってきます。