家を売る時に必要な書類とは

 HOME

家を売る時に必要なもののコツ家売却する際に準備しておかなければならない必要書類は多くあるため
家売却を思い立ったときに準備を始めておく必要があります。

さらには、不動産会社や買主にとっても、必要書類が
きちんと揃っていることは大きな安心感につながります。

売却

では家売却時に必要となる書類にはどのようなものがあるかというと
まずは売主本人の身分を確認するために身分証明書や住民票、
実印や印鑑証明書が必要となります。

これらによってきちんと適正に売主の身分が証明され
安心して買取することができるのです。

家

この際物件が共有名義である場合は共有者全員の書類が
必要となりますので、注意が必要です。

次に必要となるのが登記済権利書です。

登記済権利書はその物件の所有者を明記してあるもので
法務局から公布されています。

家売却の際には物件の所有者を移すためにも必要となる
とても重要な書類といえます。※参考マイホームジャパン

その他には固定資産税納税通知書も必要となります。

固定資産税納税通知書は毎年1月1日時点での
物件の所有者によって課税されるもので
これにより納税額の確認を行うことができます。

一戸建ての場合にはそこの土地面積が何㎡であるのかを
明記した土地測量図も必要となってきます。

これにより土地の境界線が把握でき、隣人との
トラブルを回避することができます。

さらに一戸建ての場合には建築基準法を遵守した
建築物であることを証明した建築確認済証も必要です。

これらのように、家売却の際に求められる必要書類は
多くありますので、スムーズに提出することができるよう
あらかじめ必要書類を準備しておくとよいでしょう。