買取のポイント

骨董品買取を行っている店舗の中でも、特に取り扱いを強化している種類などもあり、中国と取引がある店舗で人気なのは、過去に日本に持ち込まれた中国美術品であり、需要が高まっている場所に優れた保管状態のものを持ち込めば一層高額な査定が期待できるようになります。
これが、日本人しか顧客を持っていないお店などに持ち込んでしまうと、買取骨董店も売りさばくことができない可能性が出てくるため、ある程度の査定額しか出さなくなります。
強みを持っている店舗にふさわしいアイテムを持ち込むことが重要になりますから、美術品を持ち込む前に問い合わせなどをして、得意分野を確認しておくと良いです。

美術品が連作になっている時には、まとめて同じ骨董品買取店に持ち込むべきで、バラバラに査定してもらうと価値が下がることがあります。
評価額はうつり変わりやすいので、希望額と同等かそれ以上の査定額を提示されたら保留にするより、早く売ってしまった方が良い場合もあります。